FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.03.09 (Wed)

〈妄想〉『鼻セフレ』花粉シーズンの楽しい過ごし方

その女は俺の『鼻セフレ』。互いに洟(はな)をかみ合うだけの関係だ。

写真 のコピー 10

●●●
「いいわよ。思い切り出して」

女に促されて、はちきれんばかりになっていた俺は、大きく息を吸い込むと、女の差し出したそこに溜まりに溜まったものを一気に放出した。

「こんなにたくさん・・・」
女は、ちょっと驚いた後、俺の体液を一滴残らずきれいに拭き取って笑った。

女の顔を見たとたん、また身体の中にこみ上げてきた。出したばかりなのに、またすぐに出したくなる。

「我慢しなくていいのよ。いっぱい出して」
女が言い終わるより先に、俺の新しい体液が糸を引いて流れ出た。春の光を受けて、それは銀の糸のようにきらきらと光った。
「この季節は、いっぱい出るわね」

女が俺の目を見つめながら言った。そうしている間にも、また次の体液が流れ出る。とめどなく涌き出る泉のようだ。

「たくさん出る人、好きよ」
拭きながら、女が俺の目を見つめて意地悪そうな声で言った。
俺たちは『鼻セフレ』。「好き」だの何だのの感情は不要だ。女は俺をからかうつもりでわざと言っているのだ。

続けて女が言った。
「次は・・・わたしを・・・お願い」
鼻にかかった声で、息も絶え絶えの様子だ。それもそのはず、女の泉はすでに溢れんばかりに充ち満ちていた。

攻守交替と行くか。俺たちは互いに洟をかみ合うだけの関係だ。




こんなふうに、楽しく花粉シーズンを過ごしましょう!(笑)

(妄想終り)
鼻水がつまって苦しくて、うまく書けませんでした。鼻づまりだけに、文章に「キレ」がありませんな。ははは。

※ 写真は、未使用のものを丸めて置いただけですのでご安心下さい(笑)。また、商品は本文とは特に関係はありません。

スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

20:51  |  ムダな分析や妄想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.02.25 (Thu)

〈考察〉『地球最後の男 オメガマン』の正体

よく見る関数のグラフで、こういうのがありますよね?
xをいくら増やしても、yは限りなく1に近づくのだけども、どこまで行っても1にはならない。
(図を参照)
12745755_977794315643898_3651267738882350611_n.jpg

マーケティング関係の本だと、x軸が「広告を流した量」、y軸が「その広告を見た人の割合」というグラフをよく目にします。どんなに大量に広告を投下しても、理論上は「その広告を見た人の割合」は決して100パーセントにはならない、というわけです。

日常生活においても、情報にニブいオヤジたちと話していると(私もオヤジですが 苦笑)、「これだけあちこちのニュースで取り上げられている話題なのに、どうして知らないんだろう?」「こんなに人気のあるタレントなのに、どうして見たことないんだろう?」「すごくよく売れてる話題のベストセラー商品なのに、どうしてわからないんだろう?」ってことがしばしばありますよね。どんなにたくさんテレビに出たりお店で見たりするものでも、必ず「知らない・見たこと無い」という人が存在します。

この、グラフ曲線と「1」の間の細~い隙間にいる人って、いったいどういう人たちなんでしょう? 疑問に思ったことはありませんか? テレビもネットも見ないんでしょうかね? 街にも出かけたりしないんでしょうか?

「新しい情報」に限らず、「昔からある常識」等も含めて、〝大多数の誰もが知っていて当然なことであるにも関わらず、知らなかった(はじめて知った)〟という人のことを、『地球最後の男 オメガマン』と名づけました。1970年代のチャールトン・ヘストン主演のSF映画のタイトルです。噛まれると吸血鬼になる伝染病で人類が滅亡(ほぼ全員が吸血鬼化)した後、ひとり抗体を持っていて感染しない男の話です。

私の知人にも典型的な『オメガマン』がいます。いくつかエピソードがありますのでご紹介します。

映画の『オメガマン』は自らの血液から血清をつくり、人類を救おうとする〝伝説の男(原題 I AM LEGEND)〟となるのですが、下記のエピソードに登場するオメガマンは果たしてどうなのでしょうか?

●オメガマン エピソード1 〈スターウォーズのフォースも効かない?〉
先日、2月初旬のことです。50代男性3人で話をしておりまして、何の話の流れだったか忘れましたが、私が「遅まきながらスターウォーズの新作を観たがとても面白かった。彼らと同じく我々もそれぞれの30年を過ごしたのだと思うと感無量だった」というような話をしました。
そしたら、オメガマンがひとこと・・・

「面白そうですねえ! その新作、最近公開されたんですか?」

え? もうずいぶん前、12月からやってますけど・・・。
すごく興味がありそうな目でにこにこしながら言い出したのが余計に不気味でした。
公開のずいぶん前から始まった、年末年始を通してのあれだけの大量の広告やプロモーションに接していない、あるいは接していても印象に残っていないというのはどういうことでしょう?

●オメガマン エピソード2 〈男の本能にようやく気づく?〉
50代男性3人で昼ごはんを食べに外出しました。道を歩きながら、オメガマンが興奮気味に話し始めます。
「昨日の、松本清張原作のドラマ見ました?」
「いいや、見てない」と全員首を振ります。すると、オメガマンはものすごく重大な発見をしたという様子で、得意げに声を張り上げてしゃべり始めます。

「何十年もずっと真面目に商店をやってた年寄りジジイが、若い女にそそのかされて、強盗殺人やっちゃうんですよ。あれ、男の本能だと思うんですよ。年取ってジジイになっても若い女にちやほやされたいって、絶対、男の本能だと思うんですよ」

「男の本能だと思うんですよ」に力を入れて2回繰り返しました。
世の中のほぼすべての小説や映画はそういう男の本能から生じた事件を描いているわけで、至極当たり前の話なので、我々は当然彼はその後にさらに何か続けるのだと思い、皆、「ふんふん」と軽くうなずくだけで彼の言葉を待っていました。

ところが、彼の言いたいのはその一点だけだったのです。彼は、皆の反応が鈍いのは「いくつになっても若い女にちやほやされたいというのは男の本能」という自分の考え(彼にとっては大きな発見)が賛同を得られていないのだ、と解釈して、ますます声を張り上げて同じ話を繰り返します。

「えっ? 30年以上もまじめに働いてきたのを、若い女のために全部台無しにしちゃうんですよ!スゴくないですか? それって男の本能だと思うんですよ。え?そう思いませんか?」

横断歩道ですれちがう人たちが我々を変な目で見ています。同僚の一人がたまりかねて言いました。
「それ、当たり前だよ。昔からいろんな小説のテーマだよ」

オメガマンは、まだ自分の大発見に皆がさほど驚かないことに納得が行かない様子でした。

●オメガマン エピソード3 〈オシャレな料理といえばフランス〉
50代男性4人で昼ごはんを食べに出ましたが、出遅れました。いつも行くお店はどこも満員。入ったことのない店にトライすることにしました。
入り口のメニューを見ると、数種類のパスタとラザニアやリゾット等、OLさんの好きそうなランチメニューが並んでいます。にんにくやオリーブオイルのいい匂いが漂っております。

案の定、おしゃれなOLさんたちで店内はいっぱいですが、入り口そばのテーブルだけ運よく4席空いています。「いいですか?」と店主らしい男性に声をかけて入店しようとしましたところ、店主は一瞬、わずかに嫌そうな表情を浮かべましたが(私は見逃しませんでした)、すぐに笑顔に切り替えて「あ、どうぞ」と我々を招き入れます。

店内には、各種パスタを入れたガラスのビンや、カラフルなラベルのワインの空き瓶、シチリア島の古地図を模したワインの産地を示した図、オリーブの小枝などが飾られております。

オメガマンが、ぐるりと店内を見渡して席に着くなり、大きな声で言いました。
「あー、ここはフレンチですね!」

隣のテーブルのOLさんたち、そして店主がびっくりした顔でこちらを見ます。我々は、彼がこれから深遠な話を始めるものだと思い、先の言葉を待ちました。ここはフランス人があこがれるイタリアの様子を模した、実はフランス料理がベースのレストラン、というふうな手の込んだ演出が見て取れた・・・みたいな。

ところが、彼は皆の返事が無いのでもう一度同じ言葉を繰り返すのみ。大きな声で、「ここは、フレンチですね!」

私が指摘します。「いや、イタリアンだよ」
「え? フレンチじゃないんですか!?」とまた大きな声で繰り返すオメガマン。
「だって、どれもイタリアの料理じゃないか。それにイタリアの地図も国旗も飾ってる」

最後まで納得の行かない様子のオメガマンでした。

●オメガマン エピソード4 〈TPOも関係ない〉
エピソード3の続き。
各自注文した料理が出てきました。OLさんだらけの店内で、先ほどの「フレンチ」騒ぎで居心地の悪い我々。「若いOLさんでいっぱいだね」と小声で話をしていましたら、再びオメガマンが始めます。大きな声で。

「最近の若い女の子がスタイルがいいのって、オレ思うんですけど、絶対、家庭に洋式便所が普及したからだと思うんですよ」。

また静まり返る我々。
そんな説はもう30年以上前から言われているし、他にお客さんのいる食事の場で大声で「便所」はやめろ。

また皆が反応しないので、彼は自分の意見(彼にとっては大きな発見)を皆理解していない、あるいは理解していても賛同していないものだと思い込み、さらに大きな声で主張を続けます。

「最近の若い子のスタイルがいいのって、絶対、洋式便所が普及したからだと思うんですよ。え?思いませんか?」。この「思いませんか?」はオメガマンの口癖だ。他の者にとっては当たり前の周知の事実であるから反応が無いのを、彼は自分の新発見に賛同が得られていないと考えるのだ。

彼は続けます。「昔の家はみんな和式便所でしたよねえ? え? 違いますか?」・・・この「違いますか?」もオメガマンの口癖だ。皆、その話題に触れたくないから黙っているのを、自分の説が間違っているのか?と受け取り、確認をしているのだ。

オメガマンはまだまだ続けます。
「だって、和式便所って腰を落として膝をいっぱい曲げるじゃないですか。毎日毎日それやってたら膝の形が悪くなると思うんですよ。最近の若い女の子のスタイルがいいのって、オレ、絶対、洋式便所が普及したからだと思うんですよ。え? 思いませんか?」。
また繰り返している。顔を伏せる我々。

同僚の一人がたまりかねて言いました。
「君、さっきからオヤジみたいな話ばかりしてるよ」。

「え! そんなことないですよ。え? そう思いませんか?」
まだ言ってる。

(続く・・・かも)


テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

22:01  |  マーケティング的?考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.01.28 (Thu)

〈運動が長続きする秘訣〉中高年の皆様へ

健康維持のために日頃の継続的な運動を勧められているけれど、いつも長続きしなくて数日でメゲてしまう方は多いと思います。「今度こそは」と、毎回毎回思うのだけれど、毎回毎回、続かない・・・。

私もそうです。これまで何度、「三日坊主」を繰り返してきたことか。「3日走って、2年休む」という冗談みたいなペースでは、何もしないのと同じです。これをこの何年にもわたって何度も繰り返し、そのたびに自分の不甲斐なさを責め、心の中に自己嫌悪の念だけが蓄積されてゆきます。家族からも、「お父さんは根性が無い男だ」との見方が固定。身体の健康を目指すどころか、精神衛生上もよろしくない事態を自ら招いておるわけです。

先日、知人に紹介された整体師さんから、ものすごく納得する話を聞きました。
私のような心も身体も弱い中高年が、運動を長続きさせるための秘訣です。私と同じように挫折を繰り返している方、ぜひお読みください。参考になれば幸甚です。

●●●
話は実にシンプルです。その整体師さんが言うには、「とにかくほんの少しからでいいので、毎日やること」。これはよく耳にする聞き慣れた話ですが、新しい提案はここからです。よろしいですか?

「たまに、とても調子の良い日がある。そういう時に、絶対に多めにやらないこと。ついつい調子に乗ってたくさんやってしまいがちだけど、そうすると、必ず翌日以降に大きな疲れが残って調子が悪くなる。そうやって、休んでしまう。一度休んでしまうと、また別の休む理由を自分で考えてしまって、また休んでしまう。運動が続かない人の理由は、大方これだ」

これだけです。中高年が運動を長続きさせるための秘訣、それは「調子の良い日にもやり過ぎない」。ジョギングであれば、普段よりも身体が軽く感じることがあっても、欲を出していつもより長い距離を走ったりしない。
若い頃によく運動をしていた人や真面目な性格の人ほど、この罠に落ちやすい、とも言われました。

私は自分のこれまでのことを思い出して、「なるほど!」と、ストンと腹に落ちるものがありましたが、皆様いかがですか?

私はこの教え(?)を守り、いつもすぐにやめてしまうジョギングは今日で3週目に入りました。私にとっては奇跡です。まあ、「1分間走って折り返し、2分間歩いて帰ってくる」というだけなんですけどね(笑)。

(終り)

ジョギングやりすぎ
写真はGetty Imagesより拝借しました。


テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

21:26  |  ムダな分析や妄想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.12.22 (Tue)

〈ノンバーバル・コミュニケーション〉加齢臭の男たち

臭い。たまらなくクサイ。
何が?
自分が臭い。自分で自分が臭いのだ。

ただでさえ加齢臭の酷い年代。加えて慢性の内臓疾患を抱えているし、歯も悪い。おまけに神経内科の病気で自律神経がおかしくなっていて、肌の汗腺が機能不全で老廃物が詰まる。

妻が、たまりかねて近所に住む知人に紹介してもらい、特別な消臭のスプレーを手に入れてきた。店頭販売はしていないものなのだそうだ。

これを、朝、出かける前に手首とか耳の後ろに、少量を吹きかける。オーデコロンの要領だ。臭い消しの効果はあるのだろうか? 自分ではよくわからない。コロンのような華やいだ香りは無いが、おそらく消臭のための主成分なのだろう、独特の薬品っぽい匂いがちょっと気になる。

時々、通勤の途中で、自分と同年輩の中年男性とすれちがった際に、そのスプレーと同じ匂いが、ぷんと漂うことがある。
「あ、この人も同じ成分のスプレーを使っているのだ」と思う。おそらく、その男性も同じように私のことをそう認識していることだろう。「あ、この人も・・・」と。
一瞬、互いに目が合うこともあるのだ。

しかしながら、その男性の体臭がそのスプレーによって消えているのかどうかは、わからない。男性からすると、私自身の臭いについても同様だろう。

つまり、このスプレーの本来的機能である〝消臭〟については、その働きはよくわからないが、しかしながら使用者同士が「この人も体臭で困っているのだ」と互いを認識し合うという機能を、確実に果たしているのだ。

臭いを消すためのスプレーが、皮肉にも、臭いに悩む人の目印(鼻印?)として機能している、というわけだ。

同じ消臭スプレーを使う臭い男同士が人ごみの中でお互いの存在を認め合い、すれ違う一瞬に、ノンバーバルな会話を交わす。
「おや、貴殿もニオイでお困りですか。例のスプレーの香りですぐにわかりましたよ」
「おやおや、御同輩。お互い、苦労しますな。はははは」
「わたしはいつも息子から『道路に落ちている腐ったリンゴの臭いがする』なんて言われてますよ」
「うちなんか娘から『夏の日の散らかったごみ収集所のそばを歩いていてカラスに頭突きをくらった時の臭いだ』なんて言われます。『雨に濡れた捨て犬の毛から立ち昇るむせかえる蒸気の臭いにはほのかに排泄物の香りが混じる』とも」
「ほほう、えらく文学してらっしゃいますなあ」
「ええ。『お前、ソムリエになれるぞ』っていつも言ってます」



このような会話を、一瞬の間にノンバーバルで交わすのだ。

(終り)

クサイ仲
図はwebより拝借したものを加工しました。


テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

19:47  |  ムダな分析や妄想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.12.18 (Fri)

〈観察〉電車でベビーチーズをかじる際の工夫

会社帰りの電車。吊り革につかまる私の前の座席には、小太りの中年男性が座っており、膝に広げたノートパソコンを熱心にいじっております。

気温が高い日だったのでスーツの上着を脱いでおります。
白いYシャツに海老色のポロ・ラルフローレンのベスト、銀縁めがね、腕元にはカシオの電波時計(デジタル表示、メタルベルト)、そしてパソコンはパナソニックのLet’s Noteと来れば、メーカー勤めの技術系のお仕事かな?と想像したくなります。全身から、ちょっと神経質そうな気配が漂っております。

私が一瞬、目を離した直後のことです。男は作業を中断して、どこから取り出したのか、一片のQBBベビーチーズをかじっております。一口かじると、残りを器用に剥きかけの銀紙に包みます。そしてそれを・・・









・・・それを、ラルフローレンのベストの胸元に突っ込み、Yシャツの胸ポケットに収めます。

え? 食べかけのチーズをそんなところに?

何事も無かったかのようにまたパソコン操作に没頭する男は、しばらくして再び作業を中断すると、右手をラルフローレンのベストの胸元に突っ込みます。続いて先ほどの食べかけのチーズを取り出すと、銀紙を少しはがして、一口かじります。そしてまた、器用に銀紙で包み直し、元の胸ポケットに収めます。これら、一連の滑らかなシームレスな動作であります。熟練の者の動きであることが見て取れます。

それにしても、毛糸のベストの内側にある胸のポケットの中で、自分の体温であたたかくなっているはずの、QBBベビーチーズ。気持ち悪くないのかな?

驚く私の視線に気づかぬまま、男はその動作を4回続けます。だんだんと残りのチーズは薄くなってきました。こうなると、体温でチーズはやわらかくなり、溶けたり、銀紙越しにかじりつく際に崩れてしまったりするのではないか? 私は心配になりましたが、男は最後のひとかじりの際に、熟練者ならではの対処を見せてくれます。














男は、チーズにひとかじり分の2倍の厚さを残したまま、最後のひとかじりは、縦に歯を入れたのです(図の⑤)。こうして、それまでのひとかじり分の体積と同じ分量をかじり取ると共に、残りの一片(図の⑥)も崩れることなく銀紙に包んで胸ポケットに収めるという、二つの要件を満たすことができたのであります。
ベビーチーズの

そしてしばらくの後、最後の一片(図の⑥)も無事に食べ終わり、ゴミとなって残った銀紙を丸めてラルフローレンのベストの谷間から胸ポケットに収めましたが、なんと男はそのまま右手に・・・











・・・胸元から出て来た男の右手には、もう一個、新しいベビーチーズが握られており、再び銀紙をはがし始めたのであります。
いったい、何個、持っているのでしょう?

(終り)

テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

23:17  |  通勤電車で観察  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT