FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2015.03.27 (Fri)

〈怪奇〉 電柱の下に蠢(うごめ)くもの

日差しはすっかり春のものになり眩しくて目を細めるくらいだが、日陰に吹く風は未だ冷たく、冬を思い出して身を細める。視覚と体感のギャップのせいなのか、単に寒暖の気温差による体調不良のせいなのか、私はこの季節には夜になると時折りヘンなモノを見てしまう。
今晩もそうだ。

●●●
会社の帰り路、駅から自宅に向かう幹線道路から脇道を住宅街に入り込むと、ところどころ頼りない街灯に照らされるだけの、暗く、細い道が続く。

前方の電柱の下に、見てしまった。そちらの一角を、見てはいけない、見てはいけないと抗いながらも、引きつける何かの力に勝てなかったのだ。

切れかけて薄暗く点滅している街灯。その電柱の根元に、うずくまるモノ。白いTシャツを着た男だ。
そのすぐ傍に、真っ白い顔の老婆が立っている。両眼の辺りだけが真っ暗で目線は見えない。そして、両手の生えているはずのところから先が・・・無い。
じっと立っている。足元にはうずくまる男。

げげげげげげげ。

いかん。逃げようと思ったが足が言うことをきかない。私は引きつけられるようにその電柱めがけて真っすぐに歩み寄ってしまった。
はっきり見えた。そこには、、、














Tシャツを着せられた犬が電柱に小便をしている傍で、大きなマスクをした婆さんが退屈そうに紐を持ったまま腕組みしてぼーっと立っているのでした。
婆さん、目をつぶってハナをすすっております。花粉症の季節、夜の散歩は大変です。

(ちょっと雑ですが終り)

夜道でうごめく
※ 写真は妄想です。Getty Imagesから拝借しました。


スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

23:44  |  怖い話・不思議な話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.03.13 (Fri)

〈嵐の夜〉ドアの向こうにお迎え?

低気圧がやって来て、昨夜は夕方からずっと強風が吹き荒れた。造りの悪い雨戸やトタンがガタガタ、ギシギシ、バタンと不規則に音を立てる。
やかましくて、布団に入ったまま1時近くになっても眠れない。悶々と寝返りを繰り返すうち、突然、雨戸やトタンの音とは明らかに異なる種類の鋭い音が、玄関ドアの方向から聞こえた。硬い物を打ちつけるような、固くて重い音だ。

「ドン、ドン、ドン、ドン、ドン、ドン、ドン、ドン、ドン、ドン!」

連続して、速いテンポで、かっきり10回。自然の音とは思えない。誰かノックしているのか?
見に行こうかと思ったが、やめた。こんな夜中だ。ろくなことにはならない。
そのノック音はそれから二度と鳴らず、そのうち、だんだん眠くなった。
風と雨戸の音は変わりなく鳴り続いた。

翌朝、私の顔を見るなり、娘がおかしなことを言い出した。
「夕べ、お父さんが死ぬ夢を見た」

あれは何だったのだろう。見に行かなくてよかった。

(オチも無く終り)

ドアの外
※ 写真はイメージです。Getty Imagesより拝借しました。こんなお迎えだったらダッシュで出て行きます!(笑)  

テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

21:08  |  怖い話・不思議な話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.01.09 (Fri)

〈ひとちがいだ〉まとわりつく子ども

会社からの帰り、駅から自宅に向かう住宅地の道は、ところどころ街灯に照らされている以外は真っ暗だ。

前方から2才くらいの小さな男の子がけらけら笑いながら、転がるように駆けてくる。手にした懐中電灯を点けたり消したりして喜んでいるのだ。後ろに母親らしき小柄な女性がついてくる。

その子と私が双方から同じ街灯の白い明かりの下に入り、お互いの姿が見えた瞬間だ。その子は私の顔を見留めるなり、大きな声でこう言った。
「あ、おとうさんが帰って来た!」。

笑いながら私の目を見つめたまま、繰り返した。「おとうさん、おとうさん」。
私の足元に駆け寄り、からんでくる。「おとうさん、おとうさん」。

まったく知らない子だ。母親とおぼしき女性の顔はすでに逆光になり、よく見えない。さっきから何も言わないのが不思議だ。

「違うよ。おとうさんじゃないよ」と笑顔で言い残して、私は真っすぐ前を向いてその場を離れた。決して振り返りはしない。

「おとうさんじゃないんだって」と言う母親の消え入るような声がかすかに背中に聞こえた。「そう言ってるよ」・・・。

私は、何ら心当たりなど無いので、どぎまぎしたり、あせをかいたりとか、こえがうわずったりとかそういうようなことはまったくなくてふつーにしていえにかえりました。

(きょうのおはなしはいじょうです)

夜道幼児
しゃしんはいつものようにGetty Imagesさんからかってにおかりしました。

テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

23:05  |  怖い話・不思議な話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.06.27 (Fri)

ついに目撃!? 謎の円盤UFO

今日も東京地方は大気が乱れて変な気候だ。雲が不気味な形をしている。割れ目から何か邪悪なものが出てきそうだ。

電車で移動中、窓際の席で膝上に置いたカバンの上でスマホを持っていたら、電源の切れた画面に窓から外の景色が映り込んでいた。

雲の手前を次々と後ろに走り去る電線。しばらく見ていると、その後方に雲の合間を縫うようにして電車について飛んでいる、小さな黒い物体があるのに気がついた。ぷるぷると揺れながらずっと電車について来る。黒く、丸い物体だ。ちょっと茶色がかっている。

まさかUFOか?と思い、窓を見やったら、


















窓ガラスに鼻クソがついていた。


(終り)

円盤2
写真はイメージです。WEBより勝手に拝借しました。

テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

20:49  |  怖い話・不思議な話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.04.25 (Wed)

〈恐怖〉初めての金縛り

今朝早く、当地関東地方では千葉県沖を震源地とする久々に大きな地震があった。怖くて目が覚めた。長い揺れだった。
その予兆だったのだろうか・・・夜中に恐ろしい体験をした。

●●●
私はいったん床に入るとすぐに寝てしまい、そのまま朝まで目が覚めることはほとんど無い。私の同年代の人たちは皆「最近、朝早く目が覚めちゃうんだよね。トシだよね」と言うが、私にはそのような経験が無い。人に話すと、「それはまだ若い証拠だよ」と褒めてくれるが、嫁は「日中、大した運動もしていないのにおかしい。どこか悪いに違いない」と眉をひそめて意見する。(たぶん嫁が正しいと思う)

さて、夕べの話だ。
珍しく、夜中に目が覚めた。苦しいのだ。
無意識に寝返りを打とうとしているのだが、それが遮られている。何らかの力で・・・。

身動きの取れない息苦しさのせいで、目が覚めた。
ずっと仰向けの姿勢で寝ていたらしく、横を向きたくて布団をちょっとひっぱって体勢を変えようとする・・・が、しかし、動かない。
布団が動かない。引っ張っても動かない。
そして足が動かない。両足ともびくともしない。

おかしい。
オカルト話の大好きな私は、すぐに「金縛り」のことを考えた。「金縛り」のエピソードはよく心霊話として語られるが、別に怖い話でも何でもない。単に、1時間半に一度の周期で訪れるREM睡眠の最中に、脳は起きていても身体は寝ている、その時の現象がちょうど「身体を動かそう、声を出そうと思ってもどうにも動かない」という風に現れて、恐怖潭として語られる。それだけの話だ。

だが、昨夜の私の体験はそれとは違った。
手は動く。首も動く。ただ、とにかく足が動かない。そして不思議なことに布団が動かない。何かにロックされたみたいに・・・。

私は暗闇の中、頭を起こして足の方を見やった。
そうしたら・・・・・・暗闇の中にうっすらと見えた。

黒い塊、ちょうどイノシシのような大きさの物体が、私の足の部分、布団の上に乗っていた。
真っ暗な部屋の中、襖のわずかな隙間から漏れる光でその輪郭がぼんやりと見えた。黒いイノシシだ。

「何だ、これは・・・?」

全身に恐怖が走る。私が知識として知っていた先述の「金縛り」の科学的解釈とは明らかに異なる。あ・き・ら・か・に、それには「重さ」があり、私の足を、布団を、その「重さ」で押さえつけている。

何なのだ? とにかく、どかすには触るしか無い。度胸が要る。
足で蹴ろうと思った。しかし足が動かないのだ。
手で触って、押すしか無い。やるしかない。私もかつて武道を習っていた者だ。このような恐怖に負けてはいけない。この恐怖に敢えて向かうしか無いのだ。

思い切って上体を起し、右手に拳を固め、左手をそっと出した。何かマズいことがあれば、すかさず得意の右の正拳突きを喰らわそうという魂胆だ。しかし暗闇で間合いの取れない中、突きには効果があるのか?

左手でその黒いイノシシに触った・・・。

●●●
「はあ・・・?」っと間抜けな声を出して息子が起き上がり、のそのそと自分の布団に戻って行った。

なんで私の足の上で寝ているのか???
わけがわからん。



(終わり)




テーマ : ホラー ジャンル : 映画

23:59  |  怖い話・不思議な話  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT