FC2ブログ
2020年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2011.10.17 (Mon)

新居浜太鼓祭り (昨年2010年のビデオ)

愛媛県新居浜市の太鼓祭り。
今年のビデオは後味が悪いので、昨年2010年のものを見直しています。昨年も帰省はできなかったが、当地区の演舞は本当に素晴らしかったそうだ。


6台が二つに分かれて3台ずつ回転します。
こういうことをよく考えて、各地区を調整して、そしてよく練習したものだ・・・・。

来年はまたこの復活を祈ります。



テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 ジャンル : 地域情報

00:00  |  観光・遠出ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.10.16 (Sun)

新居浜太鼓祭り 2011

今年も仕事の都合がつかず、帰省はできずでした。
愛媛県新居浜市の太鼓祭りです。

さっそく、私の実家の地区のイベント(10月15日)の動画をアップしてくれている人がいました。ぜひ、720Pの全画面表示でどうぞ!



何があったのか私の出身の自治会の太鼓台は隣の自治会とともに不出場。
この動画のグループはいつも6台で斬新なパフォーマンスを見せてくれるのですが、
今年は2台欠けて4台での演舞です。
それでも4台一緒に回る迫力はスゴイ。複数台くっつけるだけでも危険で難しいのに、
よくくっつけたまま回転などできるものだ・・・。


残念ながら、このイベント終了直後、近隣の太鼓台同士で喧嘩があったみたいです。
面を外しての激しいぶつけ合いです。


せっかく皆でお金を出し合って作った太鼓台を・・・馬鹿です。


テーマ : 日記というか、雑記というか… ジャンル : 日記

21:08  |  観光・遠出ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.03.02 (Wed)

日本の凋落? 成熟?

今回の上海出張で気づいたこと。

上海の人のケータイ、みんなスマートフォンですねー。
マクドナルドでハンバーガー食べてたら、周りで食べてる20歳前後の女性たち、全員がスマホです。

外灘(わいたん)に出かけたら、中国人の観光客が何組か「写真撮ってくれ」と言ってきたので撮ってあげましたけど、全員がスマホのカメラでした。

フタを開けて電話してるのは、背中を丸めた日本人の出張者だけ。(苦笑)

デジカメもみなさん、最新型です。
私の持ってるソニーのサイバーショットの半分くらいの薄さ。

あるいは、黒い、がっしりしたリコーやライカみたいな本格的なタイプ。

田子坊というオシャレ観光スポット、それからワイ海中路というオシャレストリートでは、私は「るるぶ」の地図を見ながらうろうろしてましたが、中国人の高校生くらいの女の子や20才そこそこの女性が、iPadを指でいじくりながら目的地を探してました。

10年くらい前までは、日本人が世界で最新最高の電子機器を持ち歩いているので、海外に行くときはそういうものを盗られないように気をつけろというのが常識でしたが、今はもう、上海なんかでは、日本人の持ってるものが一番古い。(笑)
中国の急にリッチになった人たちが、最新のものを買っている。
日本人は不景気で何年も新しいのを買ってないので、みなさん中途半端に古いのを使い続けている。

私が若かった30年くらい前には、ヨーロッパの人は家電でも何でも古いものを大切に使うのに、日本人は次々と新しいものに買い換える、なんてよく言われていました。(だからヨーロッパを見習おう、という論旨には説得力は無かった。だって経済成長の方が大事だったから)

今や、日本人は進化のスピードの著しい電子機器も、古いものを大切に使い続けます。新しいのを買う余裕がありません。(苦笑)
消費文化の「成熟」と呼んでいいのだろうか?ちょっと躊躇します。

きらびやかなネオンがいっぱいの、夜のワイ海中路をひとり歩きながら、そんなことを思いました。


・・・そんなわけで、いつも出張の最中には空いた時間や夜中にひとりでうろうろするのが好きですが、まったく何の身の危険も感じなかった今回の出張でした。
ジャスミンなんとか、のせいであちこちに公安が立って見張っていたし。

路上から海賊DVDが消えていたのは、つまらなかった。

もっとディープな話にご興味のある方には、直接お話しします。(笑)






テーマ : 日記 ジャンル : 日記

23:31  |  観光・遠出ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.03.01 (Tue)

南翔饅頭店 vs 鼎泰豊 in 上海

上海出張から帰ってきたが、仕事はうまく行かず、失意の日々。
もうしばらく上海に行くことは無いだろう。(涙)

豫園にある、「南翔饅頭店」と、豫園の外に新しくできた台湾の「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の、小籠包のハシゴ。
もう、仕事なんてどうでもいいや状態。(笑)

南翔饅頭店
南翔饅頭店
年季の入ったこのせいろ。新参のお店では見られない味わいです。


鼎泰豊(ディンタイフォン)
鼎泰豊
こちらはビジュアルも、そして味も洗練されています。


両者、値段もちがうし、片方は台湾のものだし、どっちの方が美味しいか?なんてヤボな比較はやめましょう。

また行きたい・・。



テーマ : これは美味い!! ジャンル : グルメ

01:21  |  観光・遠出ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2011.01.31 (Mon)

横浜中華街の工夫 「生煎包(シャンセンパオ)」

週末は子どもらのクラブ活動が休みだったので、久々に家族で横浜に出かけ、中華街で食事をしました。

何度も中国出張を経験すると、日本の中華街のレストランはとにかくお値段が高くて、容易に近づけません。
上海のきれいなレストランと比べて、4倍、5倍の感覚です。もちろん店によりますが。
家族全員の注文は、ビビリながら行います。(冷汗)

最近、横浜中華街では、上海の名物の生煎包(シャンセンパオ/焼き小龍包)が流行っているらしく、何軒か販売している店を見ました。みなさん、路肩で立って食べてます。

その中でも特に人気があるらしく、行列のできている店「王府井(ワンフーチン)」で買い求めました。4個で480円。
生煎包
(写真は食べログから拝借)

ちなみに、「王府井」というのは北京の大きな繁華街の名前ですから、上海名物を売るにはちょっと違います。
大阪名物のたこ焼きを外国で売り出した店の名前が「銀座」、みたいな感じです。(笑)

焼き上がりは尋常でない熱さなので、食べ方に注意が必要です。
中はめちゃくちゃ熱い肉汁がたっぷり詰まっていますから、うかつにかぶりつくと、流れ出た肉汁で火傷をします。子どもは特に危ない。
あるいは、肉汁が勢いよく飛び出して、衣服を汚します。
私は隣に立って食べていたカップルの女性に思いっきり大量の肉汁を飛ばされ、ダウンジャケットにかけられました。ああ・・私の高級ブランド「UNIQLO」が・・。(苦笑)

よく上海に出張する人は、慣れています。
端っこを歯でほんのちょっと噛み切り、小さな穴を開けて、そこから慎重にお汁をちゅうちゅう吸う。
肉汁が垂れる心配が無くなってから、本体を食べる。

慣れが必用です。

日本に導入するに当たって、食べやすく工夫がなされていました。これはすばらしい。感心しました。

写真のように小さな容器に入って出され、お箸で皮を破り、肉汁を容器の中に流し出します。
それから、お箸で本体をつかんで、食べます。
容器にたまった肉汁を、飲みます。


これだと慣れないお客様も、火傷することなく、衣服を汚すことなく食べることができる。子どもも大丈夫。
日本への市場導入に際して、すばらしい工夫だと思います。
いろいろと知恵を絞って、アイデアを出したんだと想像します。

お値段は・・まあ妥当な線でしょう。高価な中華街のレストランに囲まれた中ではお手ごろ価格です。4つ食べると充実感があります。
味もよかった。非常に美味しかった。上海だとこれはごくふつうの日常の食べ物なので、特に味に関心したりするものではないのですが、この横浜・王府井のは、上海で食べるものよりも美味しい気がしました。

立ち食いしながら、紹興酒が飲みたくなります。(笑)




テーマ : これは美味い!! ジャンル : グルメ

00:00  |  観光・遠出ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT