FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2015.02.09 (Mon)

〈2月9日は「ふぐの日」〉『ふぐざく』という食べ方

私の故郷の愛媛県新居浜市の、冬のお楽しみです。昭和10年代に市内のある料亭で、ふぐ刺しを待ちきれない客が「とにかく早く食べられるものを」あるいは「ふぐの身も皮もみんな一緒に食べられるものを」と言い出して、それに応えて作ったのが始まりだそうです。

ふぐの薄皮の千切りに、ふぐの身の端っこも千切りにして、カワハギの肝を乗せて(ホントはふぐの肝でやりたいですが、命が…笑)、もみじおろしとネギ、それをポン酢で和えて出来上がりです。ふぐの身の筋の硬いところも刻んで入れます。カワハギの身もこっそり入れます(?)。

ざくざくと刻むので、「ふぐ刺し」に対して「ふぐざく」。市内では単に「ざく」と呼びます。
いろんな歯触りや食感がいっぺんに楽しめます。

食べ終わって残ったポン酢にはふぐの各部のエキスが溶け込んでいますが、市民はこれに、湯豆腐を浸してつけ汁にして、最後まで楽しみます(笑)。

県外に出た新居浜市民が料理屋に教えたりして、徐々にあちこちに広まっているようです。

写真1. 外観はこんな感じ
ざく1

写真2. ぐちょぐちょ混ぜて色んな食感を楽しみます
ざく2

美味ですよ〜。

おまけ; 2月9日が「ふぐの日」なら、3月9日は「ざくの日」だ。

(写真は先月久々に帰省した際のものです)

スポンサーサイト



20:54  |  観光・遠出ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.10.25 (Thu)

〈これは不思議だ〉鎌倉・長谷寺の千体地蔵は3D

鎌倉の長谷寺で取った千体地蔵の写真が、飛び出して見えます!

先週末、天気が良かったし用事も無かったので、鎌倉の長谷寺に行きました。そこで撮った写真がこれです。
千体地蔵

なるだけ写真を大きく表示して、以下をお試し下さい。

寄り目にして写真が二重に見えるようにします。二重のお地蔵さんが隣のお地蔵さんに重なるように目のピントを調整します。すると、、これは不思議。立体写真になりました。

テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

00:35  |  観光・遠出ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.03.19 (Mon)

久々の上海出張+ソウルも

1年ぶりに上海出張がありました。おまけにソウルも。ソウルは12年ぶり。


■まず上海

たった1年でまた大きく変わっていました。
クルマが・・・ピカピカのヨーロッパ車やアメリカ車がいっぱい。ベンツ、BMWはあたりまえ。ベントレーとか何とかとか、高速道路がヤナセのショールームのようです。
それだけ富裕層が増えたということです。

それから、女の人が奇麗なのは前からだけど、男の子たちのファッションセンスが格段に上がっていました。これは驚きました。上海の男といえば「どうして?」というくらいにだっさい服とだっさい髪型だったんですけど。一年中、スラックスに長袖シャツの裾を押し込んでベルトを締めて、しかもサイズが合ってない・・・みたいな。
今は違います。奇麗な女の子たちと釣り合うファッションです。


■次にソウル

「ソウルに行く」と会社で口にすると、どの人もどの人も異口同音に私にこう言いました。「街中チェジウやヨンさまみたいな奇麗な男女でいっぱいかと思って行ったらがっかりするよ。あれはテレビの中の世界だけの話で、実際にはぶっさいくな女とぶっさいくな男だけだ」と。

結論から言いましょう。それは大ウソです。
実際には、街中、少女時代と東方神起みたいな美男美女がいっぱい歩いています。
上記の戯言を言った人は一体いつの時代のことを言っているのでしょう?あるいはソウルのどこを観てそう言うのでしょう?

有名な繁華街、明洞(みょんどん)というのは観光客とお上りさんでいっぱいの街ですから、そこにはあまり美男美女はいないのかもしれません。
でも私たちの泊まった市の中心部から遠く離れたビジネス街にあるホテルの近くの、地元の人に人気の料理屋に連れて行ってもらったら、そこには・・・右も左も少女時代とKARAとチェジウ。本当です。
その料理屋のすぐそばのカフェ(スタバのようなスタイル)に入ったら、そこも店内少女時代と東方神起のメンバーで一杯です。
私が冷たい飲み物を頼み「ストローはどこ?」と少女時代の店員さんに聞いてもわからずにうろうろしていると、ちょうどストローを取りに来ていたお客さんのひとりの少女時代が、私に1本余分に取って渡してくれました。
気を失いそうになる私・・・思わずかけよって支えてくれるチェジウ。(最後は妄想です)


■共通の話

計6日間の出張でしたが、上海でもそしてソウルでも、どの人も全員がスマホを使っていました。フタを開けるタイプの旧型のケータイ電話は、一度たりとも目にしませんでした。
ソウルの繁華街、明洞(みょんどん)の土曜の午後はものすごい数の人でごった返していましたが、すれ違う人全員がスマホです。私の同僚が電話をしようとケータイを取り出しフタを開けたら、後方から「日本人だ」って声が聞こえました。本当です。

仕事上で会った会社の20代の女性達も全員スマホ。夜のおねーちゃん(笑)たちも全員スマホ。

かつて、日本人が世界で一番最新鋭の電気機器を持っているので、「外国に行く時は盗られないように気をつけろ」と言われたものですが、今は日本人が一番遅れたものを持っているようです。身の危険はまったく感じませんでした。(笑)


・・・元気が出たのか、逆に無くなったのか、よくわからない出張でした。(笑)

上海テレビ塔
(写真は初日に行ったバーの窓から同僚が撮ったものです)





テーマ : 日記 ジャンル : ビジネス

21:44  |  観光・遠出ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.11.21 (Mon)

石鎚神社でMTB

愛媛県西条市の石鎚神社で、つい先日11/13にすごいイベントが開かれたそうな。その名も「Red Bull Holy Ride」。
霊峰石鎚山をご神体と仰ぎます、この石鎚神社。長い石段の参道が続きますが、それを境内からマウンテンバイクで走り降ります!

私は何度もここに行ったことがありますが、あの石段をこんな猛スピードで! 見慣れた景色がウソのようです。観ていてキン●マが縮み上がります。険しい山岳をご神体として御祭りするこの神社にぴったりのコンセプトと思います。石鎚山の神々も、世界から集まった一流のアスリートの激しいレース、命の躍動をご覧になって、喜ばれたんじゃないでしょうか。

そしてこういうイベントを招聘した地元の方にも頭が下がります。
特に今年、この日本において、神社もじっとしていないでこうやって何か動くことがとても大事だと思いました。



舞台となった石鎚神社の方のコメントも泣かせます。(Red Bullのサイトより)

過日は、素敵なイベントの命が輝く時空間を皆さんと共有できたご縁に、そして御社始め関わって頂いたすべての皆さんに感謝申し上げます。・・・当初イベントの打診を頂いたとき、四国の一地方の当神社に何故?という疑問が諸準備に参画するに従い、次第に石鎚神社で催行すべき意義と意味を覚えました。 今年は、国内外でも特に自然災害の多い年、人も自然も多くの「いのち」がかつて無い悲鳴をあげているように思えてなりません。石鎚神社は、西日本最高峰の霊峰石鎚山を神体山と仰ぎ、そこに入った人々は、四季折々の大自然の営みから様々な気付きや勇気、元気などを得て明日への新たな一歩を踏み出してきました。・・・役小角の開山以来、1300年の悠久のときが積まれてきました。人は命は、大自然に生かされているのです。 「穢れ」とは「気枯れ」つまり、「明日へと向かう気力が枯れる」ことも指します。今回のホーリーライドは、私が思うには大きな「祓い」であったと思います。当日エントリーされたライダーの皆さんの境内を駆ける様子は、爽やかで見守る私はそこから確かに「勇気」「元気」「やる気」を頂きました。 この感覚は多分私のみではありません。様々なかたちであの時空間を形作った関係スタッフ、ライダーの方、そして観客の方、ご参拝の方もそれぞれに命が輝き、石鎚の神様も微笑みながらその様子を温かく見守り、見届けて下さった1日であったと確信しています。 人が純粋に一生懸命に目的に向かう姿は麗しいものです。2000名の来場者が集った境内には、下世話な話で恐縮ですが、ぽい捨てゴミを見かけることなく、在るのは沢山の笑顔と「ありがとう」の感謝の言葉、そして素敵に輝く「命」でした。 10月下旬から雨の土、日曜日が続き、週間予報も当初は雨だったあの日の天気も晴れとなり、開会式の空が青く優しい雲が浮かんでいるのをホッとしながら見上げ、そして事故無く大盛況裡にその幕が閉じたことを昨日のことのように、今思い出しています。 みなさん、有り難うございました!関わって頂いたすべての皆さんに幸多かれと、そして世界中の人々の心が一人でも多く深い安らぎに包まれることを願って止みません。 霊峰石鎚山・西日本最高峰の頂も標高は0メートル、海から始まります。山頂ばかりが山ではなく、同じくそれぞれにその人の頂もあるかと思います。一歩一歩、歩けばいつかは必ずその人の頂に着くものです。諦めない、投げ出さない、けど執着しない・・・ボチボチまいりましょう・・・輝け!いのち(^_^)v ありがとうございました。
曽我部 英司(石鎚神社 祢宜) 5:17 on 2011年11月20日



「穢れ」とは「気枯れ」・・・という下りには驚きました。なるほど、「祓い」とは「気枯れ」に対して元気を与える儀式なのだなと、再認識しました。

私もお祓いしたい・・・いろいろと。(笑)



テーマ : 自転車(スポーツ用) ジャンル : スポーツ

23:26  |  観光・遠出ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.11.13 (Sun)

「テラスモール湘南」偵察 (汗)

一昨日の11月11日にオープンした、「テラスモール湘南」という巨大なショッピングモールに早速でかけてきました。

JR辻堂駅、初めて降りました。手前の藤沢駅と、先の茅ヶ崎駅は何度か行ったことがありますけど、辻堂駅にはそれまで降りる用事が無かったのです。行き帰りの電車の中でも、あちこちでそんな会話が聞かれました。

その「テラスモール湘南」、とにかくでかい。広い。元、どこかの企業の工場跡地です。

こういう巨大なショッピングモールに行くと、私はいつも必ずジョージ・A・ロメロ監督の、ゾンビ映画の金字塔たるその名も「ゾンビ」('79日本公開) という映画を思い出します。アメリカの大きなショッピングモールというものを、当時の日本人はあの映画で知りました。



あっ、今、「当時の日本人は」と書きましたが、正確には「当時の日本人のうちこんな趣味の悪いゾンビ映画などわざわざ観に行くような特殊な嗜好を持つ人たち」です (笑) 。

さて、その「テラスモール湘南」の中身ですが・・・すみません、人の多さに疲れて、何も見れずに帰ってきました (汗)。
H&Mでマフラーを買っただけです。それが精一杯の私でした。980円。安いー!

私が帰った後、なんとなんと、クリスタル・ケイのライブか何か、公開収録があったと、帰宅した後にFacebookの書き込みで知りました。しまったー。



テーマ : 日記というか、雑記というか… ジャンル : 日記

16:10  |  観光・遠出ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT