FC2ブログ
2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2010.03.31 (Wed)

<造語> 『iPhone格差』とは?

iPhoneを持っている人と持っていない人の<情報格差>について書くつもりはありません。(持っていないので、書けません。 苦笑)

--------------------------

すべてに行き詰っている日本です。政治も経済も。
各家庭の家計も当然ながら、ミクロレベルでは、個々人の生き方・人生・価値観まで。

「このままではいずれ破綻する。今までと同じことをやっていてはダメだ。まったくちがうことを始めなきゃ・・」
この想いは、国家戦略レベルも、家計レベルも同じです。

そして、個々人の人生観についても同様です。
同じことをやっていても確実に現状よりもよりよい未来が約束されていたのが昭和の時代。今はそうではありません。同じことをやっていては、必ず破綻します。

今までとはちがう新しいことを始めなきゃ・・。

皆そう思っていますが、なかなか始められずにいます。何を始めていいのかすらよくわからないのがほとんどの人の現状です。

そんな中、不景気・デフレで安いものしか売れないにも関わらず、がんがん売れていて、いかにも「新しいことを始める」予感でいっぱいなのが、iPhoneです。

ソフトバンク社長の孫正義は、「iPhoneを使う前と使った後で、人生観が本当に変わった。毎日が楽しくてしょうがない」と言いました。もちろんPR効果を狙っての発言ではありますが、周囲の人たちのiPhoneユーザーを見ていると、孫社長の言うとおり本当に楽しそうです。

私もiPhoneが欲しい。きっと、これまで体験したことのなかったいろんな楽しいことがあるのだろう。
でも、手にすることが出来ない・・。

今日、会社の打ち合わせで、社外の人もやって来て、会議室の7人中5人がテーブルの上にiPhoneを置いていました。東京のビジネスマンの間では、たまたまそんな確率になってしまうくらいに普及しています。
会議中の会話のとぎれとぎれに、時折、画面を指でなでたり、弾いたり、こすったり・・何をしているのか知りませんがが、えらく楽しそうです。次回のミーティングのスケジュール、なんて話になると皆さんいっせいに画面を指で弾き始めます。いいなあ。面白そうだなあ。

持っている人と持っていない人の差は何か?

そもそものトレンド感度 (新しいモノ好き) ? デジタルガジェット好き? 最新ケータイ好き?・・・

1年くらい前まではそんな感じもありました。でも今は違います。
見るからにやぼったい外見の40代後半のメタボおやじも普通に持っています。

はい。
iPhoneを持っている人と持っていない人の差。
それは単に、


毎月の使用料金が払えるか否か。


それだけです。
その会議だけでなく、周囲でiPhoneを持っている人たちに聞いてみました。20代の人なんかは事情がちがうので外してます。30代後半くらいから40代の、「おっさんのくせにiPhoneを持っている人」です。


iPhoneを持っている人;
 おっさんのくせに独身・共働き・子供無し

iPhoneを持っていない人:
 妻は専業主婦・子供あり・扶養家族多数



つまり、可処分所得の多い人は持っている。少ない人は持っていない。

その可処分所得の差はいくらくらいでしょう?
毎月の利用料金を聞いてみました。20代の人たちは省きます。おっさんだけです。

ほとんどの人が、「おれは通話はあんまりしないから、月に1万円かかんないよ」と平然と答えました。

1万円かからない、ということは9000円くらいでしょうか?
私にとってはびっくりです。私は毎月4000円台ですから、それより5000円も多い!

だいたい、ちょっと話す人で1万円超。そこそこ話す人で1万円前半・・というふうに、それぞれ普通のケータイ電話の時よりも、5000円程度高くなる傾向が見て取れました。(公になっている調査データのようなものを探してみましたが見つかりませんでした)

つまり、今日の話をまとめて結論を書きますと、、


「毎月の出費に今より5000円プラスする余裕の無い人は、人生を何とかしようと思っても、新しいことを始めるきっかけに触れる機会を持つことすらできない」
上記を称して、「iPhone格差」。
見た目にもわかりやすい!


たしかに、当家の家計で言えば、日々の食費はもちろん、子供の塾代とか習い事とか、嫁のケータイ代とか・・・毎月とても今の経済状況で出費を5000円増やすことはできません(涙)。私も泣く泣く習い事を辞めました。
月に5000円ですから、「1日200円弱の倹約ではないか。ビールを1日1缶節約すれば済む金額だ」と言う人がいますが、そんなのはホントに机上の空論。1日1缶のビールを無くしてしまって、何の幸せがあるというのか?

iPhoneの外見そっくりの紙の手帳が欲しいです。(苦笑)


あ、ちなみに、この意味の造語『iPhone格差』については、Copyright (C) 逗子のロニー All Rights Reserved.
って感じでお願いします。。






スポンサーサイト



テーマ : マーケティング ジャンル : ビジネス

02:06  |  マーケティング的?考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT