FC2ブログ
2016年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2016.01.28 (Thu)

〈運動が長続きする秘訣〉中高年の皆様へ

健康維持のために日頃の継続的な運動を勧められているけれど、いつも長続きしなくて数日でメゲてしまう方は多いと思います。「今度こそは」と、毎回毎回思うのだけれど、毎回毎回、続かない・・・。

私もそうです。これまで何度、「三日坊主」を繰り返してきたことか。「3日走って、2年休む」という冗談みたいなペースでは、何もしないのと同じです。これをこの何年にもわたって何度も繰り返し、そのたびに自分の不甲斐なさを責め、心の中に自己嫌悪の念だけが蓄積されてゆきます。家族からも、「お父さんは根性が無い男だ」との見方が固定。身体の健康を目指すどころか、精神衛生上もよろしくない事態を自ら招いておるわけです。

先日、知人に紹介された整体師さんから、ものすごく納得する話を聞きました。
私のような心も身体も弱い中高年が、運動を長続きさせるための秘訣です。私と同じように挫折を繰り返している方、ぜひお読みください。参考になれば幸甚です。

●●●
話は実にシンプルです。その整体師さんが言うには、「とにかくほんの少しからでいいので、毎日やること」。これはよく耳にする聞き慣れた話ですが、新しい提案はここからです。よろしいですか?

「たまに、とても調子の良い日がある。そういう時に、絶対に多めにやらないこと。ついつい調子に乗ってたくさんやってしまいがちだけど、そうすると、必ず翌日以降に大きな疲れが残って調子が悪くなる。そうやって、休んでしまう。一度休んでしまうと、また別の休む理由を自分で考えてしまって、また休んでしまう。運動が続かない人の理由は、大方これだ」

これだけです。中高年が運動を長続きさせるための秘訣、それは「調子の良い日にもやり過ぎない」。ジョギングであれば、普段よりも身体が軽く感じることがあっても、欲を出していつもより長い距離を走ったりしない。
若い頃によく運動をしていた人や真面目な性格の人ほど、この罠に落ちやすい、とも言われました。

私は自分のこれまでのことを思い出して、「なるほど!」と、ストンと腹に落ちるものがありましたが、皆様いかがですか?

私はこの教え(?)を守り、いつもすぐにやめてしまうジョギングは今日で3週目に入りました。私にとっては奇跡です。まあ、「1分間走って折り返し、2分間歩いて帰ってくる」というだけなんですけどね(笑)。

(終り)

ジョギングやりすぎ
写真はGetty Imagesより拝借しました。


スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

21:26  |  ムダな分析や妄想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |