FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2015.12.18 (Fri)

〈観察〉電車でベビーチーズをかじる際の工夫

会社帰りの電車。吊り革につかまる私の前の座席には、小太りの中年男性が座っており、膝に広げたノートパソコンを熱心にいじっております。

気温が高い日だったのでスーツの上着を脱いでおります。
白いYシャツに海老色のポロ・ラルフローレンのベスト、銀縁めがね、腕元にはカシオの電波時計(デジタル表示、メタルベルト)、そしてパソコンはパナソニックのLet’s Noteと来れば、メーカー勤めの技術系のお仕事かな?と想像したくなります。全身から、ちょっと神経質そうな気配が漂っております。

私が一瞬、目を離した直後のことです。男は作業を中断して、どこから取り出したのか、一片のQBBベビーチーズをかじっております。一口かじると、残りを器用に剥きかけの銀紙に包みます。そしてそれを・・・









・・・それを、ラルフローレンのベストの胸元に突っ込み、Yシャツの胸ポケットに収めます。

え? 食べかけのチーズをそんなところに?

何事も無かったかのようにまたパソコン操作に没頭する男は、しばらくして再び作業を中断すると、右手をラルフローレンのベストの胸元に突っ込みます。続いて先ほどの食べかけのチーズを取り出すと、銀紙を少しはがして、一口かじります。そしてまた、器用に銀紙で包み直し、元の胸ポケットに収めます。これら、一連の滑らかなシームレスな動作であります。熟練の者の動きであることが見て取れます。

それにしても、毛糸のベストの内側にある胸のポケットの中で、自分の体温であたたかくなっているはずの、QBBベビーチーズ。気持ち悪くないのかな?

驚く私の視線に気づかぬまま、男はその動作を4回続けます。だんだんと残りのチーズは薄くなってきました。こうなると、体温でチーズはやわらかくなり、溶けたり、銀紙越しにかじりつく際に崩れてしまったりするのではないか? 私は心配になりましたが、男は最後のひとかじりの際に、熟練者ならではの対処を見せてくれます。














男は、チーズにひとかじり分の2倍の厚さを残したまま、最後のひとかじりは、縦に歯を入れたのです(図の⑤)。こうして、それまでのひとかじり分の体積と同じ分量をかじり取ると共に、残りの一片(図の⑥)も崩れることなく銀紙に包んで胸ポケットに収めるという、二つの要件を満たすことができたのであります。
ベビーチーズの

そしてしばらくの後、最後の一片(図の⑥)も無事に食べ終わり、ゴミとなって残った銀紙を丸めてラルフローレンのベストの谷間から胸ポケットに収めましたが、なんと男はそのまま右手に・・・











・・・胸元から出て来た男の右手には、もう一個、新しいベビーチーズが握られており、再び銀紙をはがし始めたのであります。
いったい、何個、持っているのでしょう?

(終り)

スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

23:17  |  通勤電車で観察  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://zushironnie.blog76.fc2.com/tb.php/890-34d43c7b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |