FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.03.09 (Wed)

〈妄想〉『鼻セフレ』花粉シーズンの楽しい過ごし方

その女は俺の『鼻セフレ』。互いに洟(はな)をかみ合うだけの関係だ。

写真 のコピー 10

●●●
「いいわよ。思い切り出して」

女に促されて、はちきれんばかりになっていた俺は、大きく息を吸い込むと、女の差し出したそこに溜まりに溜まったものを一気に放出した。

「こんなにたくさん・・・」
女は、ちょっと驚いた後、俺の体液を一滴残らずきれいに拭き取って笑った。

女の顔を見たとたん、また身体の中にこみ上げてきた。出したばかりなのに、またすぐに出したくなる。

「我慢しなくていいのよ。いっぱい出して」
女が言い終わるより先に、俺の新しい体液が糸を引いて流れ出た。春の光を受けて、それは銀の糸のようにきらきらと光った。
「この季節は、いっぱい出るわね」

女が俺の目を見つめながら言った。そうしている間にも、また次の体液が流れ出る。とめどなく涌き出る泉のようだ。

「たくさん出る人、好きよ」
拭きながら、女が俺の目を見つめて意地悪そうな声で言った。
俺たちは『鼻セフレ』。「好き」だの何だのの感情は不要だ。女は俺をからかうつもりでわざと言っているのだ。

続けて女が言った。
「次は・・・わたしを・・・お願い」
鼻にかかった声で、息も絶え絶えの様子だ。それもそのはず、女の泉はすでに溢れんばかりに充ち満ちていた。

攻守交替と行くか。俺たちは互いに洟をかみ合うだけの関係だ。




こんなふうに、楽しく花粉シーズンを過ごしましょう!(笑)

(妄想終り)
鼻水がつまって苦しくて、うまく書けませんでした。鼻づまりだけに、文章に「キレ」がありませんな。ははは。

※ 写真は、未使用のものを丸めて置いただけですのでご安心下さい(笑)。また、商品は本文とは特に関係はありません。

スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ ジャンル : 日記

20:51  |  ムダな分析や妄想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://zushironnie.blog76.fc2.com/tb.php/895-acd60070

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |